模擬患者の役割と岡山SP研究会が大切にしていること

illust3024SPの役割は、シナリオに沿って患者役を演じること、ロールプレイ中にどう感じたかを医療者役の方に伝えること(フィードバック)です。あくまでロールプレイの最中に起きたことだけをポイントにフィードバックをします。ここで注意しなければいけないのは、患者の代表として、医療者の対応に「こうあって欲しい」という理想や正解を求めているのではありません。模擬患者としてできることは、ロールプレイの中で起きた事実に対して感じたことを素直にお伝えすることだけです。

模擬患者には、シナリオに基づいて単なる症状だけではなく、患者の気持ちまでイメージを膨らませて患者を演じます。患者になり切ることも大切ですが、フィードバックすることはSPの大切な役割であり、演劇とは異なるところです。ロールプレイの中で動いたこころの動きを伝えることは、SPでしかできないフィードバックであり、フィードバックをすることで、相手(医療者)のよいところを引き出すきっかけになりたいと考えているからです。